ttl_company

理念

佐藤建設工業は、物を創り社会に貢献する企業です。
目的の為、常に努力を惜しまず進歩し続ける企業です。

社訓

  1. 私心を捨てよ。会社は会社に関る全ての人の為にある。
  2. 信用が最優先。全ては信用の上に成り立つ。
  3. 法令を遵守せよ。法令を破った利益は犯罪である。
  4. 目先の利益を追うな。長期的に物事を見ることを心掛けよ。
  5. 賞罰を明確にせよ。物事を曖昧にしないこと。
  6. 人を大切にして育てよ。人が育たぬ会社に進歩発展はない。
  7. 自分を磨くことを怠るな。磨く事は聞く読む行動すること。
  8. 失敗を恐れるな。失敗の中に進歩の糧がある。
  9. 常に疑問を持て。疑問を持たなければ進歩が止まる。
  10. 利益は社会奉仕も含め公平に分配せよ。

創業者
佐藤 貞一郎

ごあいさつ

私が会社経営をしていく上で常に大切にしていることが2つあります。
それは「社員の幸せ」と、「技術力の向上」です。
社員が安心して働ける環境を整えることが、私の役割であり「社員の幸せ」になるのだと考えます。
そのために、日々の挨拶、表情をみながらコミュニケーションをとり相互の人間性を尊重していくことを心掛けています。また、土木作業は技術職であり、仕事で身に付いた技術は自分自身の自信となり財産になります。私自身も、根っからの職人気質であり、身に付いた技術はどんな場面においても役に立つと実感しているところです。社員一人一人が技術向上の力を持ち続け、大きな財産にしてほしいと願っています。
佐藤建設工業は、社員とその家族、地域のみなさまと、身近な存在でいられるよう精進していきます。今後とも皆様の、ご理解とご指導を受けたまわりますようお願い申し上げます。

佐藤建設工業株式会社
代表取締役
佐藤 俊之

ICTの導入

Previous
Next

2015年12月 国土交通省が推進する取り組み
「i-construction」の導入に伴い、公共工事を受注するうえで
ICT(Information and Communication Technology・情報通信技術)は必須となってきています。
弊社では、自動追尾式トータルステーションや、3Dスキャナー、ドローン、マシンコントロール設備を取り入れ、若い技術者を中心に積極的に活用しています。
自分たちで設計データーを作成することで、現場の状況に合わせた施工も可能となり、工期の短縮、無駄のない材料の算出や、施工精度の向上、安全性の向上、コスト削減ができるので、施工の幅が広がりました。
今後の課題としては、技術習得の機会を増やし多くの技術者が日常的に使えるようにすることです。
ICT施工は、佐藤建設工業(株) にお任せ下さい。 

会社概要

会社名佐藤建設工業株式会社
本社所在地〒329-1334 栃木県さくら市押上1065
代表者名佐藤 俊之
会社設立昭和50年4月
資本金3,000万円
事業内容

土木工事の請負及び施工、舗装工事の請負及び施工